HOME  >> 機能紹介 >> 連携機能 >> グループウェア連携モジュール(desknet's)

desknet's連携機能

ネオジャパン社製グループウェア「desknet's NEO」「desknet's(desknet's Enterprise Edition / desknet's Middle Edition 」とADMSを連動させることで、ADMS上でグループウェアのユーザー、グループ、メールアカウントの管理を行う機能です。




ADMSはこれまでご要望のあったスタンダード版との連携も、
desknet's NEOにバージョンアップすることで利用可能になりました。


5 〜300 名規模の中小企業様にお求めいただきやすいスモールライセンスから、エンタープライズライセンスまで幅広くサービスをご提供しております。

主な機能

複数システムと連携可能

Active DirectoryやLinuxなどのアカウントとdesknet'sアカウントを一元管理(追加・削除・更新)できます。

スケジュール機能

指定したに日時にグループの構成やユーザー情報の変更をdesknet'sに反映することが可能です。
また、実行後の状態もGUI画面上から確認できます。

ドラッグ&ドロップ操作

グループの構成ユーザーの所属情報をドラッグ&ドロップ操作で簡単に変更可能です。

パスワード連携機能

Active Directoryでパスワードを変更したときにdesknet'sユーザーのパスワードを変更可能です。

プロパティ画面で情報をまとめて把握

プロパティ画面ではユーザーの所属するグループ、メールアカウント、ロールの状態がまとめて表示されます。

管理者をサポートするADMS独自の機能

ユーザー表示順機能

desknet'sユーザーの表示順を定義したルールの内容に沿って並べ替える機能です。

ADMSがルールを元にグループ毎のユーザー表示順を自動で設定します。

また、全グループの表示順を一括で並び替えることも可能です。
ルールには様々な条件を指定できますので、例えば基本は役職順だが同じ役職では入社年度順に並び替えるようなルールも設定が可能です。


ユーザー表示順機能適用イメージ

上位グループ自動登録機能

グループに所属させると自動で所属させたグループの上位階層のグループ全てに所属する機能です。
例えば最下層の担当グループに所属させるだけで、上位の課・部グループにも自動で登録されます。

アクセス権管理機能

スケジュール機能や設備予約機能などに設定するアクセス権の管理がADMS上から簡単に行えます。

専用パッケージのご紹介

ADMSのdesknet's 連携機能をご購入の場合、通常より割安価格にてご提供する専用パッケージ




アダムス フォー デスクネッツ をご用意しております。

本パッケージについてのお問い合わせは株式会社ネオジャパン( http://www.neo.co.jp/
またはこちらからお問い合わせください。

連携システム動作環境

連携システム 条件
Active Directory シングルドメイン構成
desknet's desknet's Enterprise Edition Ver.6/Ver.7/Ver.8
desknet's Middle Edition Ver.8
desknet's NEO Ver.1/Ver.2/Ver.2.1/Ver.2.5/Ver.3/Ver.3.5
desknet's NEO.Gov Ver.2.1/Ver.2.5
Exchange Microsoft Exchange Server 2007
Microsoft Exchange Server 2010
Microsoft Exchange Server 2013
Unix/Linux 詳細は別途ご相談ください
ファイルサーバ 詳細は別途ご相談ください
その他システム 別途ご相談ください